多分野から需要の有る資格|nlpの協会で心理学を学ぼう|人の心の謎を解く
女の人

nlpの協会で心理学を学ぼう|人の心の謎を解く

多分野から需要の有る資格

相談

資格の内容

言語聴覚士は話すこと、聴くこと、そして、食べることに関する障害や、機能不全を持った方のリハビリテーションや機能の向上を支援する専門家です。先天性の障害であったり、事故や病気などで後天的に会話やコミュニケーション、嚥下にトラブルを抱えた方の機能回復やトレーニング、アドバイスを行うなどでサポートするのが役目です。医療機関だけではなく、介護関係や教育関係などからも幅広くニーズが有り、今後も益々需要が高まる職業とされています。言語聴覚士になるには、認定された養成学校で学び、言語聴覚士国家試験に合格する必要があります。国家試験ですが、近年の合格率は60%〜70%の間で推移しており、狭き門というわけではありません。

取得方法は

言語聴覚士に成るためには専門の養成学校で学ぶ必要があります。高校卒業後に3〜4年制の大学または専修学校に入学する、あるいは、4年制大学卒業後に2年制の専修コースを卒業する事でも受験資格を取得できます。言語聴覚士国家試験には基礎医学や歯科医学、心理学や音声学など多彩な内容が出題されますが、最近は合格率は6,7割程で推移していますから、国家資格としての難易度は、困難な部類では無いと言えるでしょう。また、夜間での2年制学校もありますから、社会人の方でも、働きながら受験資格を取得できる範囲と言えます。給与に関しては所属する機関でかなり開きがあるようですが、今後も益々需要は高まるものと予想されており、その将来性や安定性については考慮しておくべきかもしれません。