財産を守るために|nlpの協会で心理学を学ぼう|人の心の謎を解く
女の人

nlpの協会で心理学を学ぼう|人の心の謎を解く

財産を守るために

セミナー

知的財産とはなにか

知財セミナーとはなにか知っていますか。そもそも、知財とは知的財産のことで、知的財産とは、発明や創作によって生み出されたものを、発明者の財産として一定期間保護する権利です。知財セミナーとはそれらの権利について学ぶセミナーです。最近これらのセミナーが人気になっている大きな理由が知的財産が社会の中で大きな割合を占めてきたということです。特に小さな会社や個人などで考えたアイデアなどは特許などを取っておかないと簡単に他者に取られてしまいます。ビジネスモデルの根幹を支える知的財産を権利化することで、競合先が自社と同様のビジネスに参入するハードルを高くすることができます。ですから、早いうちに知的財産について学び対策をしておきたい人が増え人気になったのです。

知的財産を保護するか

知財セミナーを受け、知的財産を保護するかどうかでは注意が必要です。一つは費用対効果が見込めるかどうかです。特許権の場合、20年間権利を存続させるために100万円かかります。とりあえず権利化するのではなく、費用対効果を考える必要があります。二つ目に内容によっては権利化しないほうがよいものもあるということです。特許を出願すると発明の内容が一般公開されます。保護期間が過ぎればその発明が誰でも自由に使えることになるので、「長期間保護したい」「内容を知られたくない」などの場合は「営業秘密」として管理するほうが適しています。このように一概に特許を取ればいいというわけでもなく、営業秘密としておくかなども考えなければなりません。なので、知財セミナーを受け、知的財産について詳しく知っておく必要があります。